ぇぇ!?ポッターのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ 2017年度 ローリング

プレミアムパッケージは思っていたよりたいしたこと無かったです。「とにかく早く先が読みたい!!」と思わせる内容で目が放せませんでした。陰の主役の彼の愛の深さ、これが一番胸に残りますね。

コレです♪

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

ポッター ローリングハリー・ポッターと死の秘宝 [ J.K.ローリング ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

予約特典のブックカバーは、安っぽさは否めないもののデザインと色はシンプルで無難な品でした。長編ものは最後に急ぎすぎてる印象を受けたり、謎が判明しないままということがよくありますが、ハリーポッターは最終まで納得の出来でした!一気に読み終えました。すべてを読み終えてやっと寝られるようになりました。商品は綺麗でした。ブックカバーは!本の裏表紙を帯に深めに差し込んでから表紙を差し込むと!すんなり装着できると思います。最新刊が出るたびに、次の展開はと考えるのが楽しみでしたが、その楽しみももう無くなりました(涙)。最後に19年後が描かれていますが、そこに登場しなかった人物のその後を、読んでみたい気がします。。劇場公開もあと2本ですが、楽しみに待ちたいな〜と思います。いつか子どもが読みたいと言い出したら、全巻購入してもいいかな?シリーズ初期は子供でも楽しめる文章でしたが、最終巻は難しい表現がチラホラ。作家も書くにつれて成長し!文章も難しく・・・と書いていましたが!翻訳家の方もそうなのでしょうね。レビュー遅くなりましたが、予約購入で読みました。さまざまな伏線が張り巡らされていたこの物語。読書量は多いほうではない私ですが!本当に面白いと思います。シリーズの中で一番読み応えがあった気がします。。先程届きました!コンビニ配送にしていたのですが!つぶれたのでどうなるのかな〜と思っていたら!代引きにての発送でした。長いようで短かった約10年間でした☆この次またJ.Kローリングさんの素晴らしい作品に出会えることを期待しています。我が家の二人目の娘たちが興味を示す年頃になるまで、永遠の名作となるであろうハリポタシリーズは大切に保管しておきます。しかしスネイプは(ry本が届いてから、一気に読みました。急展開でハラハラ+推理モノの面白さも兼ね備えており、一言で言ってしまえば、「やはり『ハリーポッター』は一級品のエンターテイメントだなー・・!」といった感想です。前回もそうでしたが、バッグはどちらか一冊をを読んでいる時に入れておくと汚れ防止で便利でした。ワクワクドキドキ感が減った気もしますが、映画を楽しみにして待ってます。当日着いてない方もいらっしゃるようなので!言いにくいのですが!発売日に読むことを楽しみにして予約しているのですから!発売日受取期日までに予約した全ての人には!当日の午前中に受け取れるように!システムを見直すべきだと思います。ず〜〜〜っとモヤモヤしていたものが、すべて解けてスッキリしました。もうハリーの今後を見守れないのは大変残念ですが!どうか二度とハリーの額の傷が痛むことがないように願っています。作者サンのように私の人生を変えてしまった本でもあります。『賢者の石』から『謎のプリンス』まで図書館で借りて読んだのですが、これはいつになったら借りられるのかのめどが立たず、待ちきれなくて購入を決意。コンビニ受取でしたが!店に到着メールが来たのが夕方でした。ブックカバーも思っていたより厚手でよかったのですが!もう少し品質が落ちても2冊分あればよりよかったかな!と思いました。読みました!!泣きました〜!待ちに待っていた最終巻でしたが!読み終わってしまうのが!もったいなくて…でも!最終巻にふさわしい読み応えのあるものでした。ブックカバーも思ったよりよい感じでした。10年間、世間の“ハリポタ”騒ぎを覚めた目で見ていた私でしたが、とうとう手を出してしまいました。ちなみにブックカバーをつけるときは!本の表装カバーは外したほうが馴染みます。梱包箱がちょっぴりいい感じでした。でも本は中身!!これから読みます!!楽しみ〜♪今回の作品は最初から最後まで展開が早く!途中でやめることが困難でした。世界共通の普遍的なもの「愛!友情!勇気」この三つはどんなに時が経っても大切で!こういう気持ちの持ち方やあり方を忘れないでいられる人間でいたいなって私自身また思えました。。あ〜!やっと熟睡できます・・・なんといっても、あのハリポタの日本語版の最終巻!足かけ10年ですか、感慨深いものがありました。ラストは予想どおりでしたが!このラストで良かった〜としみじみ思えます。はまりにはまったハリーポッター。うーん何というか、最後は“児童書らしい”終わり方を迎えていますね。1〜7巻までが!1つの壮大な話のようでした。テーマはヴォルデモードとの決戦ですが、勇敢に戦う孫のネビルを誇りに思う祖母や、敵として描かれていたマルフォイ夫妻も最後は息子を案じるただの「親」だった、など。ハリー達とは違った魅力で大ブレイクすることは間違いないでしょう。わたしの中では納得の結末で、最後までハリポタには楽しませていただきました。次は全巻分映画化されるのだけが楽しみです。愛を知らず、自分しか信じなかった悪の帝王「ヴォルデモード」が敗れたように、ストーリーのベースは『愛』なのだろうと思えます。ついに最終巻、本を開く前からドキドキでした。もう一度「賢者の石」から読み直したくなりますよ!でも!映像化するの!大変そう〜!って!余計なお世話!?これだけ長く続き年齢関係なく夢中になれた物語として思い入れも強く!良かった良かった!と思うと同時に寂しさを感じます。